■TOAFAEC・ぶんじん・ホームページ史


   <
前史 1976〜2003〜
   
・1976年以降沖縄研究会1→■
   
1986年以降〜沖縄研究会2→■
   
・1989年以降〜留学生ゼミ・アジアフオーラム→■
            
   
・1995年〜1999年スケジュール記録→■
   
・2000年〜2003年スケジュール記録→■
   
・2003年5月以降のスケジュール・ぶんじん日誌一覧→■


<目次 2003〜2017>
1,ファイル更新履歴・5版(進行中)
2,収蔵庫・更新履歴(旧ホームページ記録、2015年12月まで
3,ホームページ略史・写真(下


◆1、ファイル更新履歴・5版 (2016年1月〜)本ページ・進行中!
 <更新履歴・経過
1、2003年〜(ホームページT)@→■   2、2004年〜(ホームページU)A→■
3、2008年〜(ホームページV)B→■   4、2012年〜(再びホームページU)C→■
5、2016年〜本ページ(統合)D




■2017年10月17日:『躍動する韓国の社会教育・平生学習』出版 2017→■
■2017年 7月20日:2017年8月〜10月・スケジュール→■
■2017年 6月26日:南の風3851〜3900号・日誌 →■
■2017年 4月 1日:公州の風(瀬川理恵、2012〜14)→■
■2017年 4月 1日:上勢頭芳徳さん追悼のぺ―ジ→■
■2017年 3月20日:2017年4月〜7月・スケジュール→■
■2017年 2月28日:南の風3801〜3850号・日誌→■
■2016年12月20日:2017年1月〜3月・スケジュール→■
■2016年12月10日:年報「東アジア社会教育研究」21号以降・一覧→■
■2016年11月15日:ぶんじん自分史メモ2→■
■2016年11月 2日:南の風3751〜3800号・日誌→■
■2016年 4月28日:2016年9月〜12月・スケジュール→■
■2016年 8月20日:大都市・東京の社会教育−歴史と現在→■
■2016年 7月20日:南の風3701〜3750号→■
2016年 7月10日:「これからの公民館」1999、総論→■
■2016年 7月 1日:やんばる対談・経過・解題(2010〜2016〜)→■
■2016年 5月15日:TOAFAEC 定例研究会・記録(228回以降)→■
■2016年 4月28日:2016年5月〜8月・スケジュール→■
■2016年 4月10日:沖縄研究フォーラム(2)ーやんばる対談2016→■
■2016年 4月 3日:南の風3651〜3700号→■
■2016年 4月 3日:南の風3601〜発行・目次一覧(3)→■
■2016年 1月24日:韓国生涯教育研究フォーラム(2)→■
■2016年 1月12日:東京社会教育史研究フォーラム記録(2)→■
■2016年 1月 8日:2016年以降新年会・七夕の記録(3)→■
■2016年 1月 8日:台湾の終身学習・山口香苗→■
■2015年12月28日:2016年1月〜4月・スケジュール→■
■2015年12月23日:南の風3601〜3650号→■
■2015年12月 1日:年報21号以降・編集記録(2)→■


◆2、更新履歴・旧ホームページ(T、U、V)から現ホームページへ統合(20161月)
・旧ホームページT・・・・目次 (更新履歴1)→■@    
・旧ホームページU・・・・更新履歴2→■AC
・旧ホームページV・・・・更新履歴3→■B

2-2 収蔵庫・旧ホームページ(T、U、V)収蔵ファイル一覧(2015年末まで)
(1)収蔵庫一覧1→■
(2)収蔵庫一覧2→■
(3)インデックスV・収蔵庫一覧3→■










HP第1版の最後を飾った写真(韓国光明市で開かれた全国平生学習フエステイバルの舞台、20050923)


◆3、ホームページ略史・写真
1、1997年6月のある日、(当時まだ若い)山口晃弘さん(東京学芸大学・人形劇サークル「麦笛」OB)の手ほどきで、仮のホームページを立ち上げた。わすか1ページ、緑の壁紙を御記憶の方もあろう。
 沖縄や中国・韓国の調査・交流に多忙で、あまり研究室(和光大学)に在室しなかったお詫びに、学生へのゼミの案内や、ぶんじんのスケジュール等を記した簡潔な1枚もの。わずかな記録やデータのアップが始まるが、「東アジア研究」資料はまだ皆無。初期の「スケジュール・追加記事」の表紙は2003年4月まで続いた。→■

2、1998年からの「南の風」発行、TOAFAEC定例研究会関連、東アジア「年報」発行(1998年)などのデータを含めて、2000年前後より次第に記録が増えていく。2001年よりデジタルカメラの画像が加わるようになった。すべて“手づくり”の作業。→■

3、2000年代に入って、公刊した編著書は別にして、小林執筆の小論文・調査報告、エッセイ・座談会・追悼文などのすべてを年次別に記録し文章をそのまま収録するようにした。→■ また南の風各号後記「ぶんじん」日誌も。
 併せてTOAFAEC定例研究会(1995年〜)→■、毎月のスケジュール・活動記録・写真(2003年5月以降)〜など→■を収録してきた。その意味で本ホームページは「TOAFAEC・ぶんじん」混用のサイトとなっている。

4、当初のプロバイダー(justnet→so-net)との契約は、家庭向けホームページのため容量が小さく、同一家族3人のサイトを横につなぎ四苦八苦の運用をしてきた。2015年末に(木村雅俊さん・東京農工大学OBのサポートを得て)、新ドメイン http://www.bunjin-k.net/ に1本化し→■、2016年よりホームページの新しい歩みが始まった。

5,









ホームページ第3版(表紙)写真(姉妹、20061125)





                    TOP