TOAFAEC年報『東アジア社会教育研究』
2016年・21号〜23号〜やんばる対談集・目次 
      
創刊号(1996年)〜20号・目次→こちら■

*第20号(2015年)までの編集記録→■
 第21号以降の編集記録(進行中)→■

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
21,『東アジア社会教育研究』第21号(2016年)
    
特集:東アジアにおける地域社会教育施設  B5版 250頁
      2016年9月18日発行  頒価(特価):1500円 (送料別)

巻頭言  地域学習施設の70年    上野景三
第T部 特集:東アジアにおける地域学習施設の現代的意義と役割       
〈特集のねらい〉東アジア社会教育・生涯学習における地域学習施設  内田純一
地域の自治を生み出す松本市の公民館  高橋伸光
中国における地域施設のひろがりと実践  上田孝典
韓国における生活圏平生学習空間の拡張過程  金銀慶 訳:呉世蓮
地域課題に取り組む台湾の地域学習施設  山口香苗
 ―台北、台南、高雄市の社区大学を例に―
第U部 中国の生涯学習・社区教育                  
中国の生涯学習・この1年 ― 2015〜2016年 ―   上田孝典
広東省における社区教育の現状と課題  王国輝
「松花江上」物語  鳥塚義和
第V部 韓国の平生教育・学習               
韓国の平生教育・この1年    呉世蓮,金宝藍,松尾有美
「住民の視点」から見た平生教育活動家の実践と学び  池熙淑 訳:金宝藍
 ―大田市大徳区の「平生学習マネージャー」の活動から―
水原市民学校の設立と実践  藤田美佳
 ―初代校長のライフストーリー・インタビューを踏まえて―
〈フィールドノート〉韓国で出会った平生教育士たち  内田和浩
第W部 台湾の生涯学習                    
台湾の生涯学習・この1年   山口香苗
 ― 学習型都市、楽齢学習センターおよび職員の現状 ―
社区大学における組織発展と課程管理の相互影響過程  張徳永 訳:山口香苗
 ―台北市および桃園縣の社区大学から ―   
台湾社区エンパワーメントの理論と実践    曹錫智 訳:陸宏子,中日朋友
 ― 台北市南港社区大学渓流保護を例に ―   会,黄丹青
第X部 日本・東アジア                      
日本の社会教育・この1年   石井山竜平
川崎市と富川市とTOAFAECの20年   小田切督剛
在日中国籍「モンゴル子ども活動」の取り組み  ハスゲレル
第Y部 沖縄の地域づくり                       
〈やんばる対談8〉学校と地域と社会教育の活力 付・夜間中学の歩みと沖縄
           企画と進行:島袋正敏,小林文人
〈やんばる対談9〉「なご民話の会」の活動 −宮城孝子さんに聞く−
           話し手:宮城孝子,島袋正敏,比嘉久 聞き手:小林文人
やんばる対談に参加して   武田拡明 
東アジアのひろば                      
東京・社会教育の歴史を継ぐこと  井口啓太郎
奥集落の記録への執念が生み出した大著   岡 幸江
  ―大西正幸・宮城邦昌編著『シークヮーサーの知恵』をめぐって―
農中茂徳著『三池炭鉱 宮原社宅の少年』を読む  勝山吉章

21号合評会(TOAFAEC第232回研究会@高井戸、2016年10月28日)




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
22,『東アジア社会教育研究』第22号(2017年)
          特集:東アジア教育改革から20年  B5版 302頁
          2017年9月18日発行  頒価(特価):2000円 (送料別)

巻頭言  教育改革から20年、新たなステップに向けて    李正連(副編集長)

第T部 特集:東アジア・教育改革から20年                
東アジア・教育改革から20年 ―1990年代の躍動(総論)  小林文人(編集長)
中国における終身教育の展開 −20年の歩みにみる統治と学習の自由の行方− 上田孝典
政府主導の教育改革を超える韓国市民の実践        小田切督剛
台湾の教育改革と終身学習政策・法制の展開         山口香苗
香港返還から教育の20年                     肖 蘭
社会教育と市民活動とのつながり―東京都板橋区における社会教育実践から読み解く― 齋藤真哉

第U部 2016年上海生涯教育フォーラムと日中韓交流           
〈中国・主催者から〉「生涯学習サービス基盤の強化」をめぐる国際対話      黄健
生涯教育にみる社会教育力の結集           呉遵民 訳:楊格・上田孝典 
基調報告「中国生涯教育システムの歩みと展望」       韓民 訳:?常優・冀如華
〈韓国〉東アジアの観点で共に学び,励ましながら        梁炳贊 訳:松尾有美
〈日本〉わたしに見えた 8 つの視点 −第4回終身教育上海フォーラムに参加して− 末本 誠
TOAFAECと東アジア社会教育・生涯学習研究交流の歩み   上野景三
中日韓の研究交流のこれからに寄せて             石井山竜平

第V部 特論:ドイツの成人教育・社会文化運動            
【対談】 ドイツの成人・継続教育、社会文化運動の動き   谷和明・小林文人
   ―東アジアの生涯教育・社会教育の特質を考える(その1)− 

第W部 中国の生涯学習・社区教育               
中国の生涯学習・この1年 ― 2016〜2017年 ―   馬麗華
学習型社会の構築における広東開放大学の設立と展開 王国輝・李光先

第X部 韓国の生涯学習         
    
韓国の平生教育・この1年  韓国生涯学習研究フォーラム
「教育格差の問題に対する地域教育実践の研究    
 ―地域教育ネットワーク花月珠の事例を中心に―  韓惠貞 訳:呉世蓮
韓国の仕事・家庭両立支援政策の現状と課題      松尾有美
水原市民学校における平生学習 ―夜学でのフィールドワークとライフ・ヒストリー 藤田美佳

第Y部 台湾の生涯学習                  
台湾の生涯学習・この1年 ―民進党政権発足後の動向と補習教育の現状―  山口香苗
台北市立図書館における楽齢学習―学習、より良い楽齢生活を― 林佳穎 訳:楊映雪・山口香苗
 
第Z部 東アジア・日本                 
在日中国籍モンゴル人留学生の異文化適応−モンゴル人留学生の語りを中心に−  套図格
K龍江省民族博物館  ―地域社会への密着活動の記録から―       陳玉芝・包聯群
平和のための博物館実践と板橋区民による「平和の拠点づくり」  
 ―第9回平和のための博物館国際会議参加報告―  栗山究・佐治真由子

第[部 沖縄の地域づくり
戦後沖縄社会教育の点描 ―今に問いかけるもの―     平良研一
奄美諸島社会教育研究の展望と可能性  ―戦後奄美社会教育史研究の視座から―  農中至
「竹富島憲章」と竹富島の暮らし                  阿佐伊 拓
東海岸地域おこしのサポート役から地域づくりの担い手へ  武田拡明
【やんばる対談10】 やんばるの地域博物館    島袋正敏・小林文人
 
東アジアのひろば                       
大邱、忠南、そしてソウル〈フィールドノート〉  内田和浩
玄界灘を行き来する公州大学と九州大学の交流から  岡 幸江
中日韓生涯教育フォーラムに参加して   楊映雪
小林富美さんを偲ぶ            江頭晃子


東京・沖縄・東アジア社会教育研究会日誌
沖縄社会教育研究フォーラム,韓国&中国生涯学習研究フォーラム,東アジア研究交流委員会・日誌
メール通信「南の風」発行リスト(20)
東京・沖縄・東アジア社会教育研究会規約,『東アジア社会教育研究』編集方針
『東アジア社会教育研究』投稿要領, 維持会員,編集後記
目次:ハングル、中文、英文
執筆者・訳者一覧
                                    
編集委員会(「この1年をどう書くか」 20170331)



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 
23,『東アジア社会教育研究』第23号(2018年)
    特集:東アジア生涯学習研究フォーラム2017・佐賀  B5版 248頁
          2018年9月18日発行  頒価(特価):1500円 (送料別)

目次
特集:東アジア生涯学習研究フォーラム2017・佐賀

巻頭言  動き始めた東アジアの生涯学習、新しい風となるか 李正連

第T部 特集:東アジア生涯学習研究フォーラム2017・佐賀         
 東アジアの生涯学習を架橋する視点と実践 上田孝典
 社会変動下に翻弄される農村で、積みあげられてきた知に学ぶ
   −佐賀・筑後のフィールドワークをめぐって− 岡 幸江
 東アジアから見た佐賀・福岡の社会教育
  〈中国〉民衆の教化から公民の参加へ:公民館からの示唆 黄 健 訳:頼常優
  〈韓国〉地域に根ざした日本の社会教育から学ぶ 梁炳賛 訳:松尾有美
  〈韓国〉韓国平生教育士が発見した魅力的な実践 李揆仙 訳:呉世蓮
  〈台湾〉職員の専門性と制度化が共通の課題 張徳永 訳:山口香苗
  〈留学生〉「グローカル」な国際交流の再始動を見届けて 李培涵
 東アジア生涯学習の課題に協働して挑戦する「佐賀宣言」  石井山竜平
 公民館学会大会・佐賀フォーラム開催を触媒として
       −北部九州公民館ネットワークの形成− 上野景三
 東アジアの社会教育研究を考える
       −フランス語圏との交流をもとに− 末本 誠

第U部 中国の生涯学習・社区教育                
 中国の生涯学習・この1年 − 2017〜2018年−   上田孝典
 中国の社区教育における「三無ジレンマ」に関する研究 呉遵民・趙華 訳:頼常優・黄丹青
 生涯教育の中国農村振興プロジェクトへの推進
  −中国福建農村社区教育、日本九州社会教育見聞− 楊樹雨 訳:黄丹青
 青少年を対象とする社区教育実践に関する研究
  −上海市徐家匯区における区域内学校と社区の連携− 屈? 訳:楊格

第V部 韓国の生涯学習               
 韓国の平生教育・この1年− 2017〜2018年 呉世蓮・小田切督剛・金亨善・瀬川理恵・松尾有美
 韓国の「第4次平生教育振興基本計画」がめざすもの 肥後耕生
 韓国の多文化家族に対する支援と課題 矢作智弘

第W部 台湾の生涯学習                     
 台湾の生涯学習・この1年 − 2017〜2018年− 山口香苗・林忠賢

第X部 モンゴル                         
 少数民族留学生の異文化接触と民族的アイデンティティ 套図格
 在日中国籍「モンゴル子ども活動」の取り組み
   −大阪、神戸を中心として− ハスゲレル
 近現代における中国内モンゴル自治区の美術教育 喜蘭

第Y部 沖縄の地域づくり                      
 「おきなわ社会教育研究会」(那覇)の歩み 〈回想〉 名城ふじ子
 やんばる地域における博物館・資料館の「これから」 田里一寿
 【やんばる対談11】名護市の基地問題と地域づくり −稲嶺市政2期8年の軌跡−
  企画と進行:島袋正敏・小林文人 語り手:稲嶺 進

東アジアのひろば                       
ありがとう! そしておやすみ! 翁長さん −共に闘った者として− 稲嶺進
回顧2017年度と「地域とともにある学校」づくりをめざして 仲宗根禎
韓国での留学生活を振り返って 松尾有美
新たな価値創造にコミットする韓国の社会教育・生涯学習 内田純一


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 
 やんばるの地域活動と社会教育 −やんばる対談集− 
     
沖縄社会教育研究フォーラム・名護やんばる社会教育を語る会共編
       2018年10月5日発行  頒価(特価):1500円 (送料別)  B5版 280頁
 目次
◆〈序〉地域の基層を探る社会教育 上野景三
 やんばる対談一覧(表)
 名護市内・やんばる地図

◆〈やんばる対談〉
1.やんばるの地域活動・社会教育と2010年名護市長選  対談:島袋正敏・小林文人
2.やんばる在来資源・生きもの復活運動と社会教育−名護・稲嶺進市政1年を振り返りつつ−
                語り手:島袋正敏
3.リュウキュウアユを呼び戻す運動の歳月 −島福善弘(名護博物館長)に聞く−
                語り手:島福善弘
4.屋部の八月踊り、沖縄の民話採集の歩みなど − 比嘉 久さんを囲む −
                語り手:比嘉 久
5.沖縄・やんばる40年 −地域史づくりに関わって−  語り手:中村誠司・比嘉ひとみ
6.名護の社会教育を担う若き群像 −社会教育主事集団の合言葉「地域を元気に!」−
                 語り手:名護市社会教育主事たち
7.名護社会教育がめざすもの −社会教育主事たちの思いと課題−
                 語り手:名護市社会教育主事たち
8.学校と地域と社会教育の活力 付・夜間中学の歩みと沖縄
                 進行:島袋正敏・小林文人
9.「なご民話の会」の活動 −宮城孝子さんに聞く−  語り手:宮城孝子
10.やんばるの地域博物館    語り手:やんばる・博物館職員
11.名護市の基地問題と地域づくり −稲嶺市政2期8年の軌跡−
                 語り手:稲嶺 進(前・名護市長)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆黙々100年塾蔓草庵を拠点に、これからも     島袋正敏
◆名護・やんばるの地域と社会教育、その水脈をたどる
  −「やんばる対談」記録(2010〜2018)をどう読むか−  小林文人

(関連資料)
〈やんばる対談関連資料〉
 1.関連年表(2000〜2018年)
 2.関連資料(市史、字誌を中心に)
〈沖縄の社会教育関連資料〉
 1.沖縄・名護の社会教育小年表(1969〜2018年)
 2.『東アジア社会教育研究』第1〜23号所収 沖縄関連記事索引
 3.『沖縄社会教育史料』第1〜7集(東京学芸大学、1977〜1987年)目次

やんばる対談(11)後の懇親会(名護市中央公民館・工作<迎賓>室 201080421)



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



               トップ