【南の風2019/2020】 4131号〜4170号  TOP
各号目次・後記(ぶんじん日誌)
   

*南の風発行一覧
 ぶんじん日誌一覧→■
*4051〜4100号→■  *4101号〜4130号→(前ページ)
*南の風4131号〜41700→■(進行中)
*南の風4171号〜4200→■(次ページ)
  

【南の風2020】4131号〜4170号・目次一覧(進行中)

4131号【2月14日】やんばる対談、熊本・名護より、本部町健堅の遺骨発掘、横浜クルーズ船に風メンバー
4132号【2月18日】東アジアフォーラム準備、沖縄子どもの貧困率、やんばる対談など、風の部屋の賑わい
4133号【2月 日】




南の風4171号〜4200号(次ページ)

                       TOPページ

《昇順》

南の風・各号後記(ぶんじん日誌)

2020年
4133号【2020年 2月 日】



4132号【2020年 2月18日】
■≪久しぶり、風の部屋の賑わい≫
 いよいよ花粉症の季節到来。2月16日に少し外出しただけで、道中でクシャミ・鼻水を頻発。いま人前ではなかなかクシャミが出来ない(新型ウイルスへの疑惑?)。例年より花粉症は激しいのかも。ご同病の皆さんは如何でしょうか。まずお見舞いいたします。
 昨日(2月17日)の「風の部屋」(東アジアフォーラム・松本開催について論議)の集いではクシャミを心配して座に連なりましたが、なんとか大丈夫でした。同じ花粉症の黄丹青さんもマスクで登場、よくお出で下さいました。
 風の部屋は久しぶりに賑わいました。仙台から石井山竜平、なんと!中国東北(長春)の孫冬梅、筑波から上田孝典、東京の李正連などの皆さん。(李さん以外の皆さんとは)昨年11月の北京フォーラムで別れて以来の顔合わせ。積もる話はいろいろ。そして呉世蓮さんから当日元気に飲み干したワイン・ビールのカラ瓶・あきカン8つの写真。有難うございました。下に掲げました。
 皆さんともに活発に論じあって何より。皆であれこれ語り合ったこと、上田孝典さんが整理して「風」に報告していただけるものと期待しています。来る2月28日・年報編集会議でも、関連して提案が行われるのではないでしょうか。今年の大仕事、楽しみです。
 最近新しく風に参加された方から、本ホームページ(URL: http://www.bunjin-k.net/)について、お尋ねがありました。解題めいた一文を書き始めましたが、長くなって・・・。次の機会に載せることにします。TOAFAEC /ぶんじんの二つのホームページの側面あり、これまでの経過も含めて書いているうち長文となり、いずれかの機会に改めて。言い訳まで。
最後に残った3人(呉・李・ぶ)とワイン+ビール各4 (風の部屋、20200217)


4131号【2020年 2月14日】
■≪横浜・クルーズ船に南の風メンバー≫

 本号の「おきなわ短信」コラム、沖縄タイムスだけでなく、琉球新報も同じく「本部町健堅の遺骨発掘」を「今と未来を考えたアジアの若者の姿」として、日韓台の若者たちを報じています。敵と味方、支配と被支配の関係にあった若者が、歴史を超えてともに戦争の遺跡、遺骨発掘に取り組む姿、語り継ぎたいコラム記事。本号は沖縄タイムスを収録。
 ところで、最近のTOAFAEC ホームページは、スマホで開く機会が増えて、写真などを含む容量の大きなページは、重くて開きにくい、なんどクリックしても反応しない、またぺージを制作する発行者自らもスムースな編集ができにくい、そんな状況が増えてきました。古いページを軽量化する手間はありませんが、新しいページは軽いうちに更新する判断が必要になったようです。むしろ遅きに失した感あり。本ぶんじん日誌も、これまでのように50号おきでなく、30号あるいは40号で新ページに更新する方針に切り替えることに。
 とくに4100号(昨年11月〜)からの前ページは、上海・北京と旅した写真も多く、この1月には松本行きの写真も加わりましたので、本号(4131号)から新しいページに移ることにしました。ご了承を。これまでの頁(⇒■http://www.bunjin-k.net/minami4101.htm)ご愛顧に感謝し、新しいページもまたどうぞよろしくお願いします。本号日誌が新ページの最初を飾る記事となります。
 新型肺炎ウイルス、まだ終息には至らず。国内初の死者も出て、ピークは今月末かなどの報道あり。皆さんご用心! 横浜の大型クルーズ船乗客に動きあり。「船内隔離生活者支援緊急ネットワーク」の代表として、札幌の千田(ちだ)忠さんのお名前がネットにも登場しました。最初は同姓同名の別人かと気にもしませんでしたが、どうも南の風メンバーの千田忠さん(酪農学園大学名誉教授)らしい。ときどき風に来信ある方、2009年7月には、故黄宗建先生の墓参にも参加された方。ソウルの国家平性教育振興院を訪問した折の写真を掲げておきます。前列に左より真壁繁樹さん、故伊藤長和さん、朴仁周院長、その右に小林、金信一もと副総理、その隣り(右端)に千田忠さん。早い解放を祈っています。
故黄宗建先生の墓詣り・平生教育振興院訪問、前列・金信一元副総理の横に千田忠さん・右端 (20090727)
 関連写真:2009年韓国訪問・交流の記録・写真⇒■http://www.bunjin-k.net/kankoku2009.htm



*4101号〜4130号→(前ページ)

                        TOP