新年会・七夕など、いろいろ集い(2016年以降)


◆(1)2003年以前の新年会・七夕、(付)福岡油山の集い・写真アルバム→■
◆(2)2003年以降、2015年までの新年会・七夕の会など記録・写真→■





冨美さんを偲ぶ 第32回・七夕会(2017年) 
  ご案内     江頭晃子(Fri, 12 May 2017 20:49)
 毎年、文人先生・冨美さんを囲んで行われる「新年会」に続いて、留学生に美味しいものを食べさせたい!と始まった「七夕の会」は、2017年で32回目となりました。
 毎年の発起人の一人であり、当初は自宅を解放して開催されてきた立役者でもあり、いつも笑顔で真ん中にいらした小林冨美さんが 5月10日に86歳で逝去されました。
 今年の七夕の会は「文人先生を囲み」つつ、「冨美さんを偲ぶ」楽しい会にしたいと思います。初参加の方大歓迎! 歌と踊りの持ち込みも大歓迎! 冨美さんを知っている方も知らない方も一緒に「冨美さん」を語り合いましょう。
 会場の関係で、参加される方は7月2日までにメール、電話、ファックスでご連絡ください。冨美さんとの思い出話やメッセージをお寄せくださいると嬉しいです。
〇文人先生を囲み・冨美さんを偲ぶ七夕の会世話人・・山口真理子、田中美奈子、木村雅俊、
             黄丹青、田邉伸子、遠藤輝喜、江頭晃子、竹中薫、飯沢美樹 
在りし日の富美さん(ドイツ・ハノーファー市役所横のカフェにて 20050622) 関連記事→■

◆文人先生を囲み・冨美さんを偲ぶ 第32回 七夕会(2017年)
と き:2017年7月9日(日)午後1時〜4時30分
ところ:香港料理 蘭(らん) ※お腹をすかせてきてください(tel:03-6383-2983 杉並区大宮2-14-37 -B1F)
会費:アルコールなし3500円、あり4000円 のん兵衛カンパ歓迎
  (留学生1000円・学生1500円・39歳以下2500円・子ども500円)
当日連絡先:090-1548-9595(山口)
参加申込先(7月2日締切):
 tel/fax:042-482-9143(山口)
 E-mail:ringox@nifty.com(えとう)strap.kim@gmail.com(木村)
2017七夕会「富美さんを偲ぶ会」(170709,西永福)


2017年 文人先生・富美さんを囲む新年会・記録

  ご案内     江頭晃子(Wed, 07 Dec 2016 22:48)
 2016年も残り3週間となりました。皆様それぞれの1年間、お疲れ様でした。
 つい最近、「深沢晟雄資料館」のことを知り、学生時代に小林先生の授業で沢内村のことを学んだことを思い出しました。深沢村長の「生命尊重こそ政治の基本」理念に改めて感じ入っています。日本だけでなく、政治がおかしな向きにいっている今、市民一人ひとりの思考と行動が問われていると思います。迎合しちゃダメ!ですね。
 さてさて、少し早いですが、2017年新年会のご案内です。
 2016年を一緒にふりかえりつつ、文人先生を囲みながら(富美さんは病気療養中のため難しいかも)、2017年を楽しく迎えたいと思います。
 知っている方も知らない方も、初めての方も久しぶりの方もどうぞお気軽に、お腹を空かせてご参加ください。参加される方は1月19日(金)までにメール、電話、ファックスでご連絡くださいますと助かります(参加者名簿も作ります)。欠席の方の近況も、嬉しいです。どうぞ皆様、よいお年をお迎えください。
○と き:2017年1月21日(土)午後2時〜5時
○ところ:香港料理「蘭」
 杉並区大宮2-14-37 第二力蔵ビル、(京王線・西永福駅から徒歩3分、tel:03-6383-2983)
 http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131805/13145491/
○会費:アルコールなし3000 円、あり3500 円 呑ん兵衛カンパ歓迎!
   (留学生1000円、学生1500円、39歳以下2500円、15歳以下500円)
*当日連絡先:山口 090-1548-9595
*文人先生・富美さんを囲む新年会世話人2017
 山口真理子、遠藤輝喜、田中美奈子、江頭晃子、竹中薫、飯沢美樹
*参加連絡先:tel/fax 042-482-9143(山口) E-mail:ringox@nifty.com(江頭)

大塚さん(和光)由田さん(国立)両家族、赤崎さん(名護)など退出したあと
(西永福、20170121)


☆報告1
飯沢美樹(Sat, 28 Jan 2017 22:01)
 江東区の飯沢美樹です。今年も新年会が無事に開催されました(1月21日午後)。会場の「蘭」の1階個室がぎゅうぎゅう詰めになる大盛況。机や椅子を移動のする手際の滑らかさに、公共施設をよく使う人たちの匂いを感じました(最後は原状復帰!)。
 冨美さんが入院中で不在、ということを事前に聞いていたので、農工大OBの千葉さんと木村さんの顔を見た瞬間、とてもうれしくなりました。ああ、こうやって、人は繋がっていくのだなあ、いいなあ。
 最年少&初参加は、和光大OG羽生昌子さんの娘さん、1歳。ちっちゃくて、柔らかくて、すぐに泣いたり笑ったりする彼女の存在は、会場内を照らす光のようでした。一緒に参加したお姉ちゃんも、大塚由美子さんの娘さん二人も八朔さん伴奏により、歌を歌ってくれました。
 文人先生の新年会と七夕の会に参加するたび、中島みゆきの「帰省」という歌を思い出します。「けれど年に2回 8月と1月 人は振り向いて足をとめる ふるさとからの帰り つかの間 人を信じたら もう半年がんばれる」 毎日の仕事や生活の中で、いろいろなことがあるけれど、年に2回(来れない人は年に1回、数年に1回でも!)文人先生のもとに集い、また歩き出す。これからもずっとずっと、続いていくといいな、と思います。
 参加者は、飯沢(勝冶)美樹、江頭晃子、遠藤輝喜、大塚由美子・琴葉・葉瑠、木村雅俊、桑原重美、小林文人、竹中(角田)薫、田中美奈子、田邉伸子、千葉秀樹、八朔友二、園田(平井)教子、古川誠二郎、古川恵子、山口真理子、山本(北)恭子、羽生(由田)昌子・ひより・つむぎ、でした。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
 当日の写真は木村さんが撮影してくれました。懐かしい顔を見たいという方はご一報ください。
☆報告2 小林ぶんじん(南の風3784号)
 恒例の新年会、今年もにぎやかな集いとなりました。江頭晃子さんはじめ世話人の方々、お疲れさま。八朔友二さん(元ふるさときゃらばん)のギターや、山口真理子さんの歌(二次会・風の部屋)もすばらしく・・・。美酒少量、気持ちよく酔いました。当日の記録をお待ちしていますが、その前に写真のみ数葉、ホームページに載せています。「風の部屋」でのお忘れ物数点も確認、ご安心を。園田さん、富美へのお花、お心遣いに感謝!有り難うございました。
大塚さん家族、由田(羽生)さん家族と (「蘭」にて、170121)

二次会、魯迅とともに。撮影・桑原重美さん(西永福、170121)



2016年(第31回) 文人先生富美さんを囲む七夕の会へのお誘い・記録 
              *江頭晃子(Mon, 20 Jun 2016 22:11)
 皆様、お元気でお過ごしでしょうか?
 熊本大地震への対応、沖縄の怒り、都民への愚弄、生活不安、、、・・・と「なんでやねん」と思うことばかりですが、あきらめないで、ねばりづく!大きな声で歌いながら、今年の夏も乗り越えていきたいです。
 ご案内が遅くなりましたが、今年も暑気払いを兼ねて七夕の会を開催します。文人先生・冨美さんは揃って84歳です。富美さんの日々の暮らしを大切にしながら、3Fの「風の部屋」では、多様な研究会が開催されています。この夏は、東京と韓国の2冊の社会教育の本が出来上がる予定とのことです。
 七夕の会は、お友だちやご家族、歌や踊りのもちこみも、大歓迎です。チャンプルーな会ですので、初めての方も久しぶりな方も、どうぞお気軽にご参加ください。
 ご参加くださる方は、下記世話人にメールか電話、ファックス等で、7月15日(金)までにお知らせください(参加者名簿をつくります)。欠席の方の近況報告も嬉しいです。たくさんのご参加をお待ちしています。
 美味しい香港料理です、お昼を取らずにお腹をすかして来てくださいね。
○と き:2016年7月16日(土)午後2時〜5時
○ところ:香港料理「蘭」
     (京王線・西永福駅から徒歩3分、tel:03-6383-2983)
     杉並区大宮2-14-37 第二力蔵ビル 1F
      http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131805/13145491/
○会費:アルコールなし2800 円、あり3500 円 呑ん兵衛カンパ歓迎!
    (留学生・学生1000 円、39歳以下2500 円、18歳以下500 円)
○当日連絡先:山口 090-1548-9595
○主催:文人先生・富美さんを囲む七夕の会世話人
 山口真理子、田中美奈子、遠藤輝喜、江頭晃子、竹中薫、飯沢美樹
○参加連絡先:tel/fax 042-482-9143(山口)
      E-mail:ringox@nifty.com(江頭)
堀尾先生や、富美を介護して江頭さんなど退出したあと、残った火たち。ぶんじんはすでにかなり酔っていいる。
 右・前列2人目に勝治(飯沢)美樹さん (西永福・蘭、20160716)


堀尾先生撮影


ご報告
 勝冶美樹(Tue, 19 Jul 2016 16:38)
 みなさま、ご無沙汰しております。2016年7月16日(土)おなじみ西永福の 「蘭」で「小林文人先生・冨美さんを囲む七夕の会2016」が開催されました。今回は12名。少ない人数だったので個室をお借りし、中華料理の丸テーブルをくる くる回しながらの会となりました。12名のメンバーを最初にご紹介いたしましょう。小林文人先生、冨美さん、以下敬称略で失礼します… 江頭晃子、遠藤輝喜、 瀬川理恵、田辺(後藤)伸子、八朔友二、千葉秀樹、堀尾正靭、山口真理子、吉川秀幸、勝冶(飯沢)美樹でした。田辺さん経由で“わけちゃん”こと、わけみずえさんの電話参加もありました。
 冨美さんに楽しんでもらえるよう、歌うぞ!と意気込んでいた私たち。でもなかなかに選曲が難しく、喜んでもらえたのは「青い山脈」と「ふるさと(うさぎ追いしかの山〜)」の2曲くらいだったようです。のど自慢のみなさん、新年会の準備の参考にしてください。
 近況報告を始めると,「今年定年で…」「1月に定年を迎えたので…」など年齢の話がちらほら。そこで文人先生が「僕の研究の大半は60歳からだよ」と力強く一言。場の全員の背筋が伸びました。
 日々の仕事に追われて、忙しくて何もできない、なんて言い訳することが多いけれど、文人先生に会うと、こういう元気がもらえるんだよなあ、また頑張ろう!と思った七夕の一日でした。ではまたみなさん、研究会や新年会でお会いしま しょう。


■トクタホさんを囲む会ご案内 
 
日本留学を終えて2011年4月に故郷に錦を飾ったトクタホさん(内モンゴル・赤嶺学院)が来日中です。久しぶりの訪日を歓迎し「トクタホさんを囲む会」を下記の通り開催します。皆様のご参加をお待ちしております。
日時:2016年2月13日(土) 18時〜21時
場所:イーストビレッジ Tel 03-5346-2077
    (京王井の頭線「高井戸」駅から徒歩2分) 駅横の環八・神田川傍マンションビル(裏側)1階
会費:実費(2000〜3000円前後)
*ご参加の方は下記のアドレスにご連絡頂ければありがたいです。
 hasujp2005@yahoo.co.jp (ハスゲレル) どうぞよろしくお願い致します。

中央に(ぶんじんをはさんで)トクタホさん家族(イーストビレッジ、20160213)

アンギリちゃん0トクタホさん愛娘)の馬頭琴演奏(イーストビレッジ、20160213)



2016年、文人先生・富美さんを囲む新年会ご案内
             江頭晃子(Tue, 15 Dec 2015 23:22)
 大雨が降ったり、梅が咲いたりとおかしな天気が続いていますが、皆様、お元気でいらっしゃi
ますか? 残り半月となりましたが、2015年は皆様にとってどんな年だったでしょうか?
 文人先生・冨美さんは、11月にともに84歳を迎えられ、7月には沖縄で「トゥシビー」(生年祝い)の会が盛大に開催されました。学芸大学での還暦、和光大学退官時の古希、吉祥寺で開催した喜寿と、先生たちから私たちが反対に元気をもらっているようです。学芸大学退官後に始められた「東アジア社会教育研究会」も20年となり、毎年発行している『東アジア社会教育研究』も20号を数えました。
 2016年の始まりも文人先生・冨美さんと一緒に迎えたいと思います。
 それぞれの近況を語り合い、歌を楽しみ、楽しい年開けの時間を過ごしつつ、新しい年に向けてエール交換をしたいと思っています。知っている方も知らない方も、初めての方も久しぶりの方もどうぞお気軽に、お腹を空かせてご参加ください。
 なお、会場の関係で、参加される方は1月6日までにメール、電話、ファックスでご連絡くださいますと助かります(参加者名簿も作ります)。欠席の方の近況も、嬉しいです。どうぞ皆様、よいお年をお迎えください。
○と き:2016年1月9日(土)午後2時〜5時
○ところ:香港料理「蘭」
    (京王線・西永福駅から徒歩3分、tel:03-6383-2983)
    杉並区大宮2-14-37 第二力蔵ビル 地下1階 
    http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131805/13145491/
○会費:アルコールなし3000 円、あり3500 円 呑ん兵衛カンパ歓迎!
   (留学生1000円、学生1500円、39歳以下2500円、15歳以下500円)
*当日連絡先:山口 090-1548-9595
*文人先生・富美さんを囲む新年会世話人2016
 山口真理子、遠藤輝喜、田中美奈子、江頭晃子、竹中薫、飯沢美樹
*参加連絡先:tel/fax 042-482-9143(山口)
       E-mail:ringox@nifty.com(江頭)

八朔友二さん(右)「三本締め」(西永福、160109)

二次会・後列に上海から参加・蘇鶴鳴さん(風の部屋、160109


★記録1
  飯沢(勝冶)美樹−Sun, 17 Jan 2016 04:25−
 皆様こんにちは。和光大学OGのハイリャン(海量)飯沢美樹です。ハイリャン、という呼び名は内モンゴルで付けていただきました。意味は漢字から推測してください(何が海のような量なのかな〜?)。では、1月9日(土)に開催されました2016新年会の報告です。
 今年の参加者は19名。見城慶和さんと関本保孝さんがいらっしゃり、冒頭に文人先生から「2年前の新年会で初めてお二人が見えて、温めていた構想・基礎教育学会(仮称)設立“元年”にしようと気勢をあげた、今年8月いよいよ創立総会がひらかれる!」というお話がありました。まずはそれを祝して乾杯。カメラマン桑原重美さんからも、識字学級に関する仕事をしている旨のお話がありました。
 今回一番遠方からの参加は上海からの蘇鶴鳴さん。TOAFAECホームページで新年会の日程を知り、江頭晃子さんにメールをしたら、その日のうちに連絡が来て参加に至ったということです。さすが江頭さん、早い。自己紹介の中では「定年まであと数年」「定年を迎えたので今は〜を…」という言葉が目立ちました。遠藤輝喜さん、田中美奈子さん、野村千寿子さん、みなさん忙しそうです。若手では和光大学OGの吉松朋子さん。
 農工大チームでは堀尾正靭さんより、隣に座った松岡研一さんの学生時代のエピソードが…研究室のシンクでお風呂に入っていたとか…そして後藤伸子さん欠席のため元気がなかった千葉秀樹さん。冨美さんと常にアイコンタクトしていた木村雅俊さん。農工大OBの参加が多いと、この会が冨美さんの会であることを改めて感じます。
 おなじみメンバーの真壁繁樹さんは、校長先生時代にブタを飼っていた話が披露され、私含め初耳だった人は根ほり葉ほりお話を伺いました。今回の参加者名簿で肩書が「シンガー」になった八朔友二さんはギターでの演奏。学芸大音楽科卒の持田津希子さんは福山雅治の「クスノキ」を歌ってくださいました。長崎の被爆クスノキを題材にした曲、いい曲ですね。歌詞はこちら→http://j-lyric.net/artist/a000671/l030fc1.html
 締めは山口真理子さんの「100 万本のバラ」でした。参加者を50音順に記します(敬称略)。
 江頭晃子、遠藤輝喜、木村雅俊、桑原重美、見城慶和、小林冨美、小林文人、関本保孝、蘇鶴鳴、田中美奈子、野村千寿子、千葉秀樹、八朔友二、堀尾正靭、真壁繁樹、松岡研一、中村(持田)津希子、山口真理子、吉松朋子、飯沢(勝冶)美樹。なんだか親戚一同が集まったような気分になる会でした。今年もよろしくおねがいします。               
★記録2,南の風3607号(ぶんじん) 「今年の始まり」(2016年1月10日)

 昨日(9日)の新年会、ご参加の皆様、銘酒を送っていただいた森山・村田のご両所、世話人の皆さん、とりわけ呼びかけから最後の二次会まで(酔わずに)動いていただいた江頭晃子さん、お疲れ様でした。有り難うございました。ぶんじんは一次会の終わり頃から、かなり酔っていました。二次会(風の部屋)への移動で忘れもの。それに二次会の設営がなにも出来ておらず、富美の移動のこともあり、皆さんにお世話になりました。申しわけありません。
 この日の話題は、なんといっても上海から駆けつけてきた蘇鶴鳴さん。東京学芸大学研究室時代から数えると23年ぶりの再会。「南の風」は届いていない旧留学生。新年会はホームページで知ったらしい(手づくりサイトも馬鹿になりませんよ)。短い時間にギター・歌もあり、先回に続き八朔の三本締め名調子に迫力あり。
 今回の出席者は、和光大学ゼミメンバーが少なく、平均年齢はかなり上昇しました。常連メンバーも必ず1歳ずつ年をとります。二次会への出席も(写真・前列左より)堀尾正靭、見城慶和、関本保孝、桑原重美、真壁繁樹など長老級の各位、お疲れさまでした。
★記録3,南の風3610号(1月16日、ぶんじん)
 新年会の二次会は長老級の皆さんが残っていただき、思い出にのこるひときでした。そのお一人、堀尾正靱先生から写真を送っていただきました。「9日は楽しい新年会、ありがとうございました。奥様も頑張りましたね。先生とのツーショット、初めてかもしれません。送ります。ますますお元気で」とのこと。有り難うございました。
 ホームペーに掲げた上掲・二次会の写真(3607号)、左端が堀尾先生。たまたま右端上方にちらりと見える天狗のお面は、堀尾先生から「喜寿の会」に頂いた記念の逸品です。天狗の鼻のように元気に!とのメッセージ。実は、写真には見えませんが、その下方に(一緒に頂戴した)お多福のお面が楽しく微笑んで・・・風の部屋の私たちの活動・語らいを見守ってくれています。早や8年余り。
左・
堀尾正靱先生(東京農工大学名誉教授)と。(風の部屋、100110)







◆2015年までの新年会・七夕の会などの記録→■

 
<古いアルバムより>
1994年・新年会―留学生(中国・モンゴル・台湾)が大半 (杉並永福・ぶんじん宅、19940115)


1986年1月・新年会―羅李争、韓民、高峡など中国留学生を囲んで (杉並永福・自宅、198601eifuku)



◆2003年以前の新年会・七夕、(付)福岡油山の集い・写真(アルバム)→■



                     TOP