沖縄社会教育研究フオーラム(3) 2019     TOPページ



関連

A,(戦後)沖縄社会教育研究会1(1976〜1985年)→■ (旧ホームページ@)
  
沖縄社会教育研究会2
(1986〜1995年)→■
  
アジア・フォーラム
(留学生ゼミ・1989〜1995年)→■   
B,1995年〜1999年
(TOAFAEC)スケジュール記録→■ (現ホームページ)
   2000年〜2003年・スケジュール記録→■
  2003年〜全スケジュール(月別)、南の風・ぶんじん日誌・全記録→■
C、
沖縄社会教育研究フオーラム(1)2005→■

   沖縄社会教育研究フォーラム(2)2016−やんばる対談など〜
→■ (前ページ)
  やんばる対談・解題・別冊「対談集」→■  
  沖縄社会教育研究フオーラム(3)2019〜 本ページ

<目次>
2019年7月
43, 2019やんばる対談・原稿づくり作業(南の風4060号・小林)
44,






43, 2019やんばる対談・原稿づくり作業(南の風4060号・小林)
                (小林ぶんじん、Thu, 27 Jun 2019 08:34)
 <やんばる対談原稿ー経過報告>
 2019「やんばる対談」参加の皆様へ・お願い
 今年四月「やんばる対談」(名護市博物館)にご参加いただいた皆様、あの節き、有難うございました。当日のテープ記録にもとづき、山城千秋さん(熊本大学)にテープ起こしをお願いしました。多忙のなか心労の多い作業、たいへんお疲れさまでした。
 その記録(添付略)に基づき、小林が小見出し、改行、小林(当日の進行)発言部分の修正・削除などの第一次原稿化への作業を行いました。諸事重なり、思いのほか時間がかかって、本状「お願い」発送が遅くなったこと、お許しください。
 私たちの年報(TOAFAEC 発行)『東アジア社会教育研究』24号(9月発行予定)に収録する最終原稿に向けて、当日の「対談」発言の皆様へ、以下のご協力をお願いいたします。「年報」原稿締め切りの直前、皆様には慌ただしい日程で作業いただくことになり、恐縮のほかありませんが、なにとぞお許しください。
<お願い>
1、添付の第一次原稿について、皆様の発言箇所をチェック(追加・修正・削除等)してください。すでに「対談」収録予定字数を超えていますので、最少部分の追加とし、全体として、削除の方向でお願いします。
2、添付原稿は、テープ起こし稿そのままです。当日の雰囲気を残しつつ、叙述的な表現(語尾など)に修正していただく。固有名詞、数字(年数は西暦)など、とくに正確に
してください。
3、小見出し、改行(第一次案)について。最終原稿ではもっと改行を増やす方向です。修正意見をお願いします。また他の方の発言箇所についても、お気づきの点あれば、ご遠慮なくご指摘ください。
4、文中のアカの部分は、テープ起こしの段階で不明、不詳、要確認の箇所です。ご確認・修正後は黒字に、また皆様の発言箇所の追加・修正部分は青字にしてください。
5、「対談」の初めのページ(出席者一覧など)、解題、必要な注記については、山城千秋さんにお願いします。
6、原稿のとりまとめは、名護側は島袋正敏、本土側は小林文人が担当します。お問い合わせは両名にお願いします。
7、修正原稿(第2次原稿)は、一週間後までにお送りください。(名護側は正敏さんへ) その後、島袋・小林両名の責任で最終原稿(第3次原稿)に仕上げ、7月12日の編集会議へ間に合わせる予定です。


44,













                      TOPページ