■1995年〜1999年 スケジュール記録      
 【初期ホームページ】(旧 Justnet HP記録@)   



<経過>
◆1976年以降〜
沖縄研究会1→■
◆1986年以降〜沖縄研究会2→■

◆1989年以降〜留学生ゼミ・アジアフオーラム→■
            
◆1995年〜1999年スケジュール記録(本ページ)
◆2000年〜2003年スケジュール記録 →■
◆2003年以降・現スケジュール記録一覧
→■


★★★★★★★★  
1995年
東京学芸大学(1995年3月18日)最終講義→■
http://www007.upp.so-net.ne.jp/bunjin-k/saisyukougi.htm


小林ゼミ・OBGの二次会




1995年4月 和光大学(人間関係学部発達学学科)教授へ

●1995年6月2日 TOAFAEC (東京・沖縄・東アジア社会教育研究会)創設→■

第1回・定例研究会(国立市公民館)→■ 
と き:1995年6月2日(金)午後6時30分〜
ところ:国立市公民館(JR国立駅南口徒歩5分)
なかみ:韓国社会教育法をめぐる近年の動向(報告者:文孝淑さん・一橋大学大学院生)     
     :あたらしい出会いと交流など
●第2回研究会 
 山口真理子「戦後50年 おきなわ」
 日時:1995年6月23日(金)夜、会場:東京学芸大学社会教育研究室
●第3回研究会 江頭晃子「東京の識字実践1994」
 1995年7月26日・杉並社会教育センター
 報告:江頭晃子(東京学芸大学・院)、内田純一(東京都市立教育研究所)
●第4回研究会 9・18のこと、東欧訪問報告、ビデオ・アウシュビッツ収容所
 1995年9月18日・東京学芸大学 
 報告・小林文人(和光大学)
●第5回研究会 新垣重雄「沖縄問題を考える」
 1995年12月8日・ 会場:調布市文化会館たづくり 
(1996年)
●第6回研究会 上海成人教育関係者訪日団・歓迎交流会
 1996年2月5日 会場・東京ガーデンパレス
●第7回研究会 小林文人・朴三植「韓国の社会教育と文化」
 にちじ:1996年2月20日(火)15:00〜17:00(訪韓者は続いて18:00〜ハングル講座)
 なかみ:「韓国の社会教育と文化」(報告者:小林文人)
 ばしょ:杉並区高井戸地域センター1F集会室(15:00〜17:00), 和室(18:00〜 )
●第8回研究会 西平守良「球陽書房の歩み」
日時:1996年2月26日 18:30〜20:00〜
会場:高円寺・球陽書房(古書店)西平守良氏(店主)の話を聞く

中央・西平守良さん(左・3人目)


★★★★★★★★★★
1996年 和光大学

 (未入力)


● 1996年9月18日 TOAFAEC
年報『東アジア社会教育研究』創刊


★★★★★★★★★★  
1997年

<1997年の調査・訪問活動>
 ・1997年1月7日〜12日
 台湾師範大学・台北市教育局の招聘により「中日終身教育学術研討会」へ参加・講演
                  (小林文人、末本誠、上野景三、内田純一)

▼台湾師範大学における生涯教育シンポジウム(19970110)
 

小林文人・講演


●2月25日〜3月3日
 日韓文化交流基金の援助、韓国国際教育文化交流協会の協力により 韓国訪問(小林文人、江頭晃子ほか)
・3月28日〜4月4日
 上海市閘北区業余大学との合作学院構想具体化のため北京及び上海 訪問(小林文人)
・7月12日〜7月23日
 広州市教育委員会の招聘により「中国中心都市教育協議会」出席、
 後半16日より内モンゴル及び北京訪問(小林文人、山口真理子、内田純一ほか)

●<1997年9月以降スケジュール>
・9月16日〜22日 和光大学社会教育研究室・沖縄訪問調査
・10月3日〜5日 日本社会教育学会にむけてTOAFAEC編『東アジア社会教育研究』 (第2号)刊行
  会員頒布価格は¥1,200。まわりに拡げていただきたい。
  申込み先:和光大学社会教育研究室(小林文人)
  〒195 町田市金井2160 TEL 044-988-1431  FAX 044-988-1435
・11月1日〜 7日 社会教育・成人教育についての日中合同研究会の開催(杭州・上海
  杭州ないし上海での日中合同シンポ・TOAFAEC編集会議について、上海側では、日本側の意向
  にもとづいてどのようにも対応す用意があるとの連絡があったが、参加予定者の事情が揃わず、
  結局中止。1月初旬の沖縄開催(編集委員会)に変更することとなった。
●<1997年11月記事>
・11月21日PM6:30-9:00 TOAFAEC(第21回)研究会『東アジア社会教育研究』(第2号)の合評会、
  報告者=文孝淑・遠藤輝喜、東京・高井戸区民センター
・11月29日午後から夜
  和光移動大学「川崎のなかの沖縄」「沖縄芸能」、参加者=小林文人、中村誠司、山口真理子など、
  川崎市教育文化会館及び川崎沖縄県人会館
・12月・TOAFAEC研究会 ・忘年会
12月12日:第22回研究会 TOAFAEC今年の活動反省会・忘年会

  

★★★★★★★★★★★★★★★★★
1998年

 新年度に入って、定例研究会の活性化と、沖縄研究20年の蓄積を発展させる方向で、 新しい視野
からの沖縄研究「再開」の課題が語り合われている。2月より研究会によるパソコン通信「南の風」
発行された。*ネット・センターは小林ぶんじん。
『東アジア社会教育研究』第2号の頒布中(1,200円)、まだ残部あり。

<スケジュール>
●1月6日〜12日 那覇・名護・八重山訪問 小林平造の「やんばる集落」調査報告
.1月7日午後 TOAFAEC合同編集会議T
 第3号の編集方針、執筆者の検討(名護市予定)
・.1月8日午後・夜 TOAFAEC合同編集会議(八重山・石垣市鷲尾邸予定)
 問い合わせ先 内田純一 VZG02612@niftyserve.or.jp
           小林文人 fumito.kobayashi@ma2.justnet.ne.jp
詳細→TOAFAEC「通信」bP3(1月30日発行)。
1月8日・名護市中央公民館にて


●1月30日(1月定例−第23回研究会)場所:高井戸区民センター
沖縄訪問報告、『東アジア社会教育研究』第3号の編集計画
研究会の今後の進め方について−報告者:小林、鷲尾、内田
TOAFAEC「通信」bP3 の発行

●2月6日:「南の風」創刊

●2月20日:沖縄関係者をかこむ(2月定例−第24回研究会
会場:新宿「老辺餃子館」 18:00〜21:00、会費4,000円
<名護>島袋正敏(名護市図書館長)、中村誠司(名桜大学)、宮城満(名護市図書館)
<具志頭>上原文一(具志頭村役場)各氏が参加
出席者:TOAFAEC メンバー、上福岡・大井町グループ、太田政男(大東文化大)、長沢成次(千葉大)、
ボヤンバートル(内モンゴル)など、約30人
●2月21日 和光大学・沖縄研究プロジェクト研究会
ゲスト:中村誠司(名桜大学)「沖縄の地方文書」
上海・北京訪問( TOAFAEC第3号編集会議予定) 参加者・日本から小林文人ほか
2月25〜28日 上海(袁允偉、羅李争ほか)
3月1日〜2日 北京(韓民ほか)

●1998年3月14日午後 沖縄をかたる(東大和市公民館)
17:00〜21:00 名護の住民運動、その後の動き
          −TOAFAEC 第25回(3月)定例研究会→■
ゲスト:中村愛子氏(名護市より)、会場:国立周辺(交渉中)

●4月以降の予定
4月24日−4月定例・第26回研究会(以降は原則として毎月第4金曜日に開催する)

●5月22日・第27回研究会
テーマ、報告者予定(案)
・「モンゴルの成人教育」(ボヤンバートル、フフバートル氏)
・「川崎と韓国富川」(川崎市教育委員会・伊藤長和氏)
・魯迅研究(黄中海氏、紹興より来日中、黄丹青さんの父)
・遊びと創造の森図書館への想い(東洋大学・比嘉佑典氏)
・私のみた中国(北京滞在の6ヶ月)大塚由美子さん
●韓国平生教育研究所長・黄宗建氏の招聘、小林文人等参加による国際フォ―ラム(計画中)。
             鹿児島大教育学部・小林平造氏により準備中。5月連休明けを予定。
●6月に韓国訪問、7月に中国訪問(内モンゴルを含む)を計画中。



 ====<メモ>====================================
『東アジア社会教育研究』第3号・編集計画>―ご意見、投稿、カンパ等歓迎
1,編集方針= 不変(創刊号、文章確定の上ホーム・ページに掲載)
2,編集内容 第3号 *第2号の継続発展―主要な柱
・東アジア社会教育・改革・法制化
・「社区教育」のその後の展開
・沖縄からの報告
・東京(川崎など)からの報告
(1)中国― 以下→■


★★★★★★★
1998年5月

南の風第22号(4月18日発行)----小林文人 fumito.kobayashi@ma2.justnet.ne.jp

<別紙> 『民衆と社会教育―戦後沖縄社会教育史研究』に関わった研究同人各位
              1998.4.16 鹿児島大学教育学部助教授 小林平造
沖縄研究再開の集いへの参加のお願いとお知らせ
 お元気にお過ごしのことと存じます。すでにご承知の方が多いと思いますが,この度,別紙のような内容で,鹿児島大学教育学部での東アジア生涯教育国際セミナーで招聘されるお二人の先生方とともに鹿児島・奄美・沖縄へと海上の道をたどりながら、地域調査・交流と研究の旅を企画いたしました。
 みなさまにおかれましては,小林文人先生などからのお誘いに重ねて,このとりくみの第3セクション(那覇,名護,5月15日・金曜〜17日・日曜)への参加を呼びかけたいと存じます。第3セクションには,「沖縄研究再開の集い」も位置づけております。なお,今回の東アジア生涯教育国際セミナーは,3つのセクションを設定してありますが,
 それぞれは分割したとりくみとして展開しております。そのうえで,全体に参加するお二人の先生方と私ども鹿児島大学教育学部関係者(教官2・3名と大学院生3・4名)は,全体を通して体験し,調査と研究報告などを通して学んでいくことにしたいと考えております。 はたして何が生まれるのか,はなはだ不案内でございますが,黄先生は韓国ソウルから、小林文人先生は東京から,私どもは鹿児島から,この旅に合流していきます。まずは鹿児島大学における研究・協議をへて,その後に一昼夜の船旅で海上の道を奄美・与論へと向かいます。与論では,自治公民館活動に命を燃やしている人々の生活,文化と教育,そして自治の営みに学ぶ交流と語りの集いを展開いたします。その後に沖縄へと,旅は展開して参ります。老・壮・青が共に語り交わりながらの体験と研究の旅を展開してみようというわけであります。
 鹿児島からの参加(5月11日から)も大いに歓迎いたします。みなさまからのご連絡>をお待ちいたしております。
・沖縄からの参加の場合は,5月15日(金)のパピリオンへご参集下さい。
・那覇の宿はホテルニュー沖縄,名護の宿は山田荘を基本といたします。
・それぞれ,参加の状況と宿の手配の必要について,お早めに小林平造までお伝え下さい.(山原への
 交通手段の確保も必要です。必ずお返事下さい。)では,再会を楽しみにいたしております。
東アジア生涯教育国際セミナー(鹿児島大学、与論島、沖縄名護市)*参加歓迎、旅費自弁、問合せ先:鹿児島大学・小林平造、TOAFAEC事務局(内田純一)
【1998.・5.11〜17.】
 東アジア生涯教育国際セミナー ―鹿児島・奄美・沖縄,海上の道をたどって
主催:鹿児島大学教育学部生涯教育総合課程国際セミナープロジェクト、鹿児島大学沖縄奄美研究会、
    鹿児島生涯学習実践研究会(予定)、おきなわ社会教育研究会
後援:鹿児島市教育委員会,与論町教育委員会、名護市教育委員会(以上,予定)
1, 趣旨:鹿児島大学教育学部における東アジア生涯教育国際セミナーの開催を期に,そこで招聘されるお二人の先生方と共に,鹿児島,奄美,沖縄へと旅し,集落と文化と教育、民衆と自治について,ひろくアジア的な視点で,体験し学べるセミナーとする。このセミナーでは,訪問する地域々々の個性に学び,ひろくアジア的共通点と固有性を考え,民衆を主体とした自治的な生涯学習と文化の現状と発展の道筋を考える機会としたい。
2, 招聘者
黄宗建氏(国際成人教育会議東アジアエリア代表・全韓国社会教育協会副会長・
       現在、韓国生涯教育研究所長)
小林文人氏(前日本社会教育学会長・東京沖縄東アジア社会教育研究会代表・
        東京学芸大学名誉教授,現在、和光大学教授)
3,日程 【第1セクション・鹿児島】 5/11〜14(月〜木) 【第2セクション・与論】5/14〜15(木〜金)
      【第3セクション・那覇,名護】 5/15〜17(金〜日)  *帰路  5/18(月) 
4,企画内容 【第1セクション】鹿児島大学内企画
5月11日(月)午後6時〜8時 黄・小林両先生歓迎レセプション
5月12日(火)午後6時30分開場・7時開会〜9時まで
<シンポジウム>
東アジアの生涯教育と日本―その特質と展望
  登壇者:黄 宗建氏,小林文人氏,鹿児島大学教官,ほか
  メインコメンテーター:宮下朝一氏(鹿児島市教育委員会教育部長)、
  神薗清広氏(からいも交流財団常務理事)、後田逸馬氏(鹿児島生涯学習実践研究会事務局長)
午後9時〜10時30分 登壇者を囲む交流会
5月13日(水)黄・小林両先生による学部・大学院講演
・2限(10:30〜12:00)大学院を中心に(文系棟 教育学統計調査資料室)
・4限(2:30〜4:00)学部生を中心に(講義棟 101講義棟)
午後6時 海上の道:与論へ(鹿児島日程を終了し,鹿児島新港から出航)
【第2セクション】与論島企画 
5月14日(木)午後2時30分 与論島接岸(到着)各集落訪問
 午後7時〜与論町との交流会―自治公民館のみなさんを中心にして   
【第3セクション】那覇,名護企画(島袋正敏より配信)
東アジア生涯教育国際セミナー 鹿児島・奄美・沖縄、海上の道をたどって―名護の日程と内容(案)
5月15日(金)それぞれ午後に那覇市に到着(研究者グループも到着)ー午後7時〜10時
 おきなわ社会教育研究会・交流会、場所:パピリオン
5月16日(土)午前8時30分那覇出発
 10:30―名護着、11:00〜16:30(途中、名護そばを食べる)
▽名護・やんばるの風景を歩く(区長の案内説明を求める)
屋部(名護湾岸・字公民館とその活動,むら行事、集落立地など)
嘉陽(久志地区・やんばるの典型的な集落立地と共同売店など)
17:00〜18:30 ▽鼎談 黄宗建・小林文人・中村誠司(黄宗建先生・小林文人先生の対談にするか)
18:30〜22:00 ▽交流会(中央公民館工作室・会費2千円)
 泡盛とオリオンビール やんばる料理 サンシンと歌・踊り
 (玉那覇正幸氏など沖青協OBグループも加わる)
5月17日(日) 10:00〜15:00 ▽沖縄社会教育研究会 基調報告(神戸大学:末本誠)
 沖縄・名護からの報告(沖縄の社会教育、地域づくりの現況と課題)
研究討議 15:00〜17:00 ▽名護ビーチにてゆっくり 海を見ながらオリオンビールを
17:00 散会
 <参加者> 黄宗建/小林文人/神戸大学/鹿児島大学/東洋大学/福岡県立大学/佐賀大学/熊本学園大学/和光大学/都立教育研究所/沖縄社会教育研究会・TOAFAEC/北海道置戸町図書館/沖縄大学/名桜大学/おきなわ社会教育関係者/玉那覇駅伝グループ/やんばる各自治体社会教育関係者/名護市関係者/その他自由な参加を呼びかける 内モンゴル・ボヤンバートル(和光大学研究生)

TOAFAECスケジュール 
5月22日(金)TOAFAEC・第27回・定例研究会(東京)18:30〜21:00  
      高井戸区民センター(井の頭線・高井戸下車、3分)
 報告者 伊藤長和氏(川崎市教育委員会)「川崎と富川ー日韓の自治体間交流の歩み」
▼右端・伊藤長和さん(高井戸、19980522)


●6月26日(金)18:30〜21:00 第28回TOAFAEC定例研究会(東京)
(1)沖縄社会教育研究の課題(報告者:内田純一、小林文人)
(2)モンゴルの成人教育(ボヤンバートル)予定
6月30日 TOAFAEC編『東アジア社会教育研究』第3号:原稿締切
7〜9月 韓国、中国の旅を企画中、スケジュール決定しだい本ページで案内予定    
★研究会への参加歓迎!
★『東アジア社会教育研究』第3号への寄稿歓迎!
 本ホームページの扉「編集方針」賛同の方すべてに開かれている!
★問合せ先:内田純一(東京都国分寺市高木町2-10-1,2-101) пEfax:0425-71-0477
        E-mail:VZG02612@niftyserve.or.jp

★★★★★★★★★★★★★★

1998年7月〜9月 スケジュール
 
●文部省科研費「戦後沖縄社会教育における地域史研究」決定、研究開始
 共同研究打ち合わせ(6月集会)
 末本誠、小林平造、上野景三::研究視点の探求(8月・全国集会)
●7月12日(日)16:00〜 七夕の会(小林邸)
●7月23日(木)18:30〜 TOAFAEC定例研究会(第29回)
 報告者:朴三植(早稲田大学・大学院)「韓国の教育改革と民衆意識」
 終了後:暑気払い(20:30〜)駅ガード下のレストラン「グルマン亭」
 会場:高井戸区民センター(京王井の頭線「高井戸」下車、徒歩3分)
●7月25日〜31日 沖縄調査(宮古・八重山・与那国)
 参加者:小林文人、内田純一、山口真理子

●8月(TOAFAEC定例研究会は夏休み)
●8月6日〜8日 第20回国際人形劇カーニバル(飯田市)へ 
●8月29日〜31日(第38回社会教育研究全国集会:東京三多摩) 会場:東京都立大学
 30日(第2日夜):全国集会「沖縄を語る」(この指とまれ)=第30回研究会 
 社会教育研究全国集会(8月30日)「沖縄を語る」(このゆび止まれ)は、総勢25名を越え、盛大に行
 われた。那覇から佐久本全さん、組原洋・洋子さん、東風平町の都留文科大生の桃原一樹さん参加

●9月18日(金)18:30〜 TOAFAEC定例研究会(第31回)
          宮古・与那国調査報告(内田、山口、小林)
          中国の教育改革・成人教育の動向、九・一八をうたう
●沖縄本島・やんばる調査(9月、末本誠、小林平造など)
●上海・華東師範大学との研究交流、書簡の交換、11月上海訪問計画
●『東アジア社会教育研究』第3号刊行(9月18日)、日本社会教育学会で配布
●『公民館50年ー地域史研究と国際比較』(仮題)編集への参加
●韓国訪問、日韓文化交流基金へ助成申請
●通信【南の風】発行(第51号〜第83号)

★沖縄・東アジアの社会教育に関心をもつすべての方へ
★研究会への参加歓迎!          
★『東アジア社会教育研究』第3号への寄稿歓迎!
★本ホームページの扉「編集方針」賛同の方すべてに開かれている!        
★事務局:内田純一(〒185-0036東京都国分寺市高木町2-10-1、2-101)
★пEFax:0425-71-0477、E-mail:VZG02612@niftyserve.or.jp
★代表:小林文人(〒168-0064 東京都杉並区永福3-50-11-502)         
★пEFax:03-3324-7816、E-mail:fumito.kobayashi@ma2.justnet.ne.jp
★ホームページ:http://www2.justnet.ne.jp/ ~fumito.kobayashi/
★和光大学社会教育研究室(〒195-0071町田市金井町2160)
★пF044-988-1431、Fax:044-988-1435

★★★★★★★★★★★
1998年10月〜12月
【主要スケジュール】
●9月25日(金)〜27日(日)日本社会教育学会第45回大会(大阪教育大学)
 9月27日(日)〜28日(月)大都市社会教育研究と交流の集い(第21回、八尾市)
●10月3日(土)14:00〜16:00:和光大学「モンゴルの馬頭琴」(J301教室)
 17:00〜19:00:TOAFAEC交流会(和光大学前レストラン「のむぎ」)
 「北海道置戸町図書館森田はるみを囲む」  
●10月16日(金)18:30〜TOAFAEC定例研究会(第32回)
 『東アジア社会教育研究』第3号刊行、合評会とお祝い
 会場:高井戸区民センター(京王井の頭線「高井戸」下車、徒歩3分)
 終了後:お祝いの会(20:30〜)駅ガード下のレストラン「グルマン亭」
●10月21日(水)午後・卒論中間発表、終了後コンパ(町田)アンコル・トム
 10月24日(土)〜25日(日)和光大学・小林ゼミ・合宿
 松本市浅間温泉・和光松本研修センター
●10月30日(金)〜11月1日(日)日本教育社会学会(大阪大学)

●11月11日(木)〜17日(火)上海・南京訪問
 閘北区業余大学との合作学院の協議、南京大虐殺記念館へ
 華東師範大学との研究提携、東アジア生涯教育国際セミナー
 (参加:小林文人・和光大、松田武雄・九大、上野景三・佐賀大、末本誠・神戸大学等)
 韓国ソウルより、聖潔大学校助教授・魯在化氏も参加予定
●11月19日(木)18:30〜 TOAFAEC定例研究会(第33回)
 「中国から日本へー研究のあゆみと課題」報告者:朱浩東氏(玉川大学講師)
 会場:杉並区高井戸区民センター(京王井の頭線「高井戸」下車、徒歩3分)
●11月28日(土)〜29日(日)

 【和光移動大学】98
 「地域を描き、地域を学ぶ」、29日午前・地域を歩く(フィールドワーク)も
 川添修司、高山晃、梅原利夫、手塚英男、篠原睦治、小林文人など
 会場:松本市本郷公民館、和光学園松本研修センター
●12月18日(金)18:30〜TOAFAEC定例研究会(第34回)
 「上海訪問記ー華東師範大学との研究交流などなど」報告者:小林文人 
 会場:高井戸区民センター(京王井の頭線「高井戸」下車、徒歩3分)
 終了後:忘年会(20:30〜)駅ガード下のレストラン「グルマン亭」
●12月16日(水)〜24日(木)中国・広州市訪日団、李偉成等の来日
 福岡ー京都ー東京(21日、22日,23日)→24日・韓国へ。
 22日夜、歓迎・交流会(京王井の頭線高井戸駅・改札横、グルマン亭)予定。
 当日・午前・午後は、東京「総合技術センター」など見学予定。

★1998年後半の主な活動(総括)  
●科学研究費による沖縄調査活動(与那国、名護市周辺など)(8月、9月、12月)
●上海・華東師範大学・成人教育・継続教育学院との研究提携の協議(8月、11月)
●上海市閘北区業余大学(ただし機構改革の予定)との合作学院構想の模索(11月)
●TOAFAEC編『東アジア社会教育研究』第3号の発行(9月)、第4号編集会議開始
●通信【南の風】発行(第75号・9月〜第150号・12月)
●韓国訪問、日韓文化交流基金へ助成申請、決定(12月)
●毎月の定例研究会の開催(9月〜12月、第31回〜第34回)
<第31回>9月18日:9・18を歌う、宮古・与那国調査報告(内田、山口、小林)
<第32回>10月16日:『東アジア社会教育研究』第3号刊行、合評会とお祝い
<第33回>11月19日:「中国から日本へー研究のあゆみと課題」報告者:朱浩東
<第34回>12月18日:「上海訪問記ー華東師範大との研究交流」報告者:小林文人
●広州・教育交流訪日団の受け入れ、歓迎会の開催(12月22日)第35回研究会
→■


★★★★★★★★

1999年1月 

●1999年新年会(永福)ー例年の通り   *正月の福岡(油山)は中止。
 1月15日午後1時より5時、会場:西永福「グランメール」(駅から3分)
 午後5時以降は、残党が小林邸(03−3324−7816)で飲む。 
●1999年1月・和光大学・小林ゼミ(95旧プロゼミほか)メンバーの集い



●1999年1月のTOAFAEC定例研究会(第35回)は 1月15日新年会のため休止とし、
 2月定例会として行う。
 2月19日(金)18:30〜TOAFAEC定例研究会(第36回)ー課題は変更もある
 (1)「沖縄研究の方法と課題ー2月初旬沖縄調査の計画から」
 (2)「教育基本法と沖縄ー社会教育の関連から」報告者:交渉中
      *日本教育学会編『教育学研究』第65巻4号(1998年12月、小林論文)を読む
 会場:高井戸区民センター(京王井の頭線「高井戸」下車、徒歩3分)
 終了後:春節を祝う(20:30〜)駅ガード下のレストラン「グルマン亭」
●<日韓文化交流基金助成による韓国訪問の旅>案内
 代表者:江頭晃子(多摩社会教育会館市民活動サービスコーナー)
 参加者:小林文人(和光大学)、和光大学学生(5〜7名前後)、
      山添路子(エイデル研究所)ほか
 日程 :1999年2月28日〜3月初旬(1週間) 
 訪問先:案(黄宗建先生、韓国生涯教育法案の動向調査、識字実践、
       識字実践、社会教育関係者、大学サークルなどとの交流)検討中
 経費 :5〜6万円前後
 打合会:(予備打ち合わせ)1月15日予定(小林邸新年会)
      第1回1月18日夜:講師・朴三植(早稲田大学・院生)、基礎ハングル講座
 数回の準備・学習会をもつ予定
 参加希望者は、江頭晃子または林文人へ

●2月7日〜15日、及び3月4日〜8日、沖縄・社会教育調査
 調査団メンバー:(2月)末本誠(神戸大学)、上野景三(佐賀大学)、小林平造(鹿児島大学)他
          (3月初旬)松田武雄(九州大学)など
 調査地点:那覇市、名護市、読谷村。沖縄県公文書館、関連の市立図書館や公民館など
 関心ある方の参加歓迎。ただし旅費等は自己負担
<第36回>2月19日(金)18:30〜TOAFAEC定例研究会
(1)ビデオ「沖縄戦の図」(1998年、佐喜真美術館・制作)
(2)「教育基本法と沖縄ー社会教育の関連から」報告者:豊田伸彦(中央大学大学院)
    *日本教育学会編『教育学研究』第65巻4号(98年12月)、小林文人論文を読む
      →このプログラムは5月に延期
(3)ゲスト:島袋正敏「名護市の新図書館づくり」
 会場:高井戸区民センター(京王井の頭線「高井戸」下車、徒歩3分)
 終了後:春節を祝う(20:30〜)、駅ガード下のレストラン「グルマン亭」

<第37回 TOAFAEC定例研究会>3月19日(金)18:30〜
 企画:東上線沿線の沖縄研究グループとの合同・交流研究会
 会場:東上線「鶴瀬」駅北口(徒歩7分)沖縄料理店「芭蕉布」( 0492-53-0211)
 プログラム:とくになし。談論風発、歌、三線、踊り、など
<第38回>3月30日(火)18:30〜TOAFAEC特別研究会
 内容:韓国訪問報告会(江頭晃子、山添路子、小林文人、和光大学訪問学生それぞれに)
 当日までに韓国社会教育訪問・報告書が用意される見込み
 会場:高井戸区民センター(京王井の頭線「高井戸」下車、徒歩3分)
 終了後:(20:30以降)駅ガード下のレストラン「グルマン亭」で慰労会
●<第39回>4月16日(金)18:30〜TOAFAEC定例研究会・予定
 「山原遊びと創造の森図書館づくりにかけた思い」報告者:比嘉佑典(東洋大学)
 会場:高井戸区民センター(京王井の頭線「高井戸」下車、徒歩3分)
 終了後:「山原島酒之会」(比嘉佑典・会長)との交流会(20:30〜)、於「グルマン亭」

●3月21日より約10日間前後の日程で石垣島ー与那国ー沖縄本島の調査旅行計画。
主たる目的は、昨年7〜8月の与那国調査に続く第2回の与那国集落調査。地域の文化・芸能、
そして社会教育・集落公民館についての地域実態調査を試みる。
石垣2泊、与那国に4日程度、名護及び那覇にそれぞれ1泊。
<スケジュール(小林)>
3月21日(日)羽田→石垣 (JTA73便) 13:20-16:50(石垣泊)
22日(月)石垣→与那国(JTA961便)10:50-11:30(与那国泊)
23日〜25日(与那国泊)
26日(金)与那国→石垣(JTA968便)16:40-17:15(石垣泊)
27日(土)石垣→那覇 (JTA606便)10:15-11:05(名護泊)
28日(日)(那覇泊)
       29日(月)那覇→羽田 (JAL904便)14:50-17:00
*27日(土)夕・名護市社会教育関係者と交流 (名護泊)
 28日(日)おきなわ社会教育研究会と交流予定(那覇泊)
<内容・予定>
与那国調査では、3集落の字公民館についての聞き取りを中心に資料収集を行う。
石垣市では渡慶次・鷲尾両氏訪問名護市では3月20日オープンの市立・新図書館見学、
関係者との交流。那覇市で「おきなわ社会教育研究会」に参加予定、旧知の方々との交流。
<参加者>
参加者は、現在のところ小林文人(和光大学)、森田はるみ(北海道・置戸町図書館)ほか1名
他に、事務局長・内田純一(決定)、鹿児島大学・小林平造(予定)、などが那覇より加わる。
和光大学・学生が同行するかどうか迷っている。
なお同時期(28〜30日)に、九州大学・福岡市社会教育関係者が訪沖予定、28日夜は那覇で合流
見込み。関心ある方は、希望、お問い合わせをお寄せいただきたい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1999年4月〜6月の主要なスケジュール 

●4月11日(日)13:30〜17:00 上海・合作学院構想・文書確定作業
参加者 胡興智、黄丹青、小林文人、ほか
場所:東京都立教育研究所・会議室
終了後は西新宿「北京家庭料理・岩谷郷」(張林新)にて慰労・懇談
●4月16日(金)18:30〜 <第39回>TOAFAEC定例研究会
 「山原遊びと創造の森図書館づくりにかけた思い」報告者:比嘉佑典(東洋大学)
  会場:高井戸区民センター(京王井の頭線「高井戸」下車、徒歩3分)
八重山より、鷲尾夫妻も参加予定
 終了後:「山原島酒之会」(比嘉佑典・会長)との交流会(20:30〜)
於「グルマン亭」(「高井戸」駅改札横)
『東アジア社会教育研究』第4号の編集会議
4月17日(土)14:30〜:新宿「滝沢」 5月15日(土)19:00〜:西永福「グランメール」 
6月19日(土)17:30〜:西新宿「岩沼郷」
●4月29日午後〜30日 韓国・文解(識字)教育協会年次大会(第9回)へ参加
会場:ソウル大学・付属施設・農村生活研究所
参加者:小林文人(29日午後・招聘講演「東アジアにおける識字教育に関する国際協力」)
     江頭晃子(28日夕・成田出発)

中国訪問(小林文人)
(1)4月30日〜5月1日:上海・合作学院について協議
  (閘北区業余大学・袁允偉、羅李争等と)
(2)5月2日〜5日:湖南省湘潭市・師範大学、工学院(朱榴芳)等訪問
 講演会1:湘潭大学外国語学院「日本生涯教育の展開について」(3日午後)
 講演会2:湘潭工学院「日本教育改革の動向と生涯教育の課題と展望」(4日午後)
 講演会3:湘潭師範大学「現代教育の課題と教師像」(5日午後)
(3)5月6日〜8日:広州市訪問・広州電視大学と「学校づくり」について協議
 講演会・広州市教育委員会招聘:「生涯教育の国際的展開と日本の動向」(7日午前)

●5月22日〜23日<沖縄研究・華東師範大学との研究交流の進め方について>
 場所:福岡市城南区東油山3丁目26−29( 092-801-0765)小林宅
 日程:22日14:00〜18:00 沖縄研究の方法と課題、今年度のスケジュールなど
    23日 9:00〜12:00 華東師範大学との研究交流、今年度の招聘をどう進めるか
 参加者:小林文人、末本誠、松田武雄、小林平造、上野景三、呉遵民、ほか
 関心ある人の参加歓迎
 *22日夜は庭で盛大なビール・ワイン交流会
●5月25日(火)18:30〜20:30 <第40回>TOAFAEC定例研究会:
 ー定例会(第3金曜日)は今月に限り日程変更ー
(1)「教育基本法と沖縄ー社会教育の関連から」報告者:豊田伸彦(中央大学・院)
  *日本教育学会編『教育学研究』第65巻4号(98年12月、小林論文)を読む
(2)韓国・文解教育協会年次大会の報告(江頭晃子)、中国訪問報告(小林文人)
  終了後:40回記念・交流会(20:30〜)於「グルマン亭」(「高井戸」駅改札横)

●6月5日(土)午後:東京社会教育の歩み研究会
 会場:渋谷区恵比寿社会教育館
 参加者:荒井隆(大田区教育委員会)、遠藤輝喜(渋谷区恵比寿社会教育館)、小林文人など
●6月17日(木)和光大学・小林ゼミ「川崎市ふれあい館」訪問
 (当日第3限より休講)15:00 JR川崎駅改札集合 ふれあい館到着15:30
  ぺ館長との対話、施設見学、質疑応答など、夕食・休憩
  19:00〜 星野修美氏の話しを聞く
  終了後:(おそらく)交流会
●6月18日(金)18:00〜20:40 <第41回>TOAFAEC定例研究会→■
(1)沖縄6・23を考える:「教えられなかった戦争・阿波根鴻昌・伊江島のたたかい」
(2)韓国・文解教育協会年次大会の報告(江頭晃子)、端田新菜「朝の露」うたう
終了後:交流会(20:50〜)於「グルマン亭」(「高井戸」駅改札横)



●6月19日(土)〜20日(日)日本社会教育学会・東京六月集会(法政大学)
 第1日終了後、TOAFAEC活動・沖縄研究を語る交流会
 会場:北京家庭料理「岩沼郷」
   (新宿西口、青梅街道、大ガード近くの歩道橋を渡ってすぐ、JRより徒歩5分)
 連絡先:西新宿7−12−2大新ビルB1、 03−3371−3226
●6月26日(土)14:00〜17:30 和光大学(人間発達学科)公開シンポ
 「地域における人間発達とは」佐藤一子、高橋武昌、梅原利夫、小林文人、福島達夫
 川崎・町田の地域市民活動の関係者
 会場:和光大学J301教室
●7月3日 海瀬頭豊コンサート
 上福岡「沖縄てーげぇの会」(東上線沖縄研究グループ)主催、第3回沖縄のつどい
 会場:上福岡市勤労福祉センター・ホール
 日時:7月3日(土)18:30開場、19:00開演
 参加協力券:2000円(小中学生 1000円)
 問い合わせ:足立邦彦(0493-35-2645)、西村(0492-61-2611)、または「南の風」まで

●7月10日(土)七夕の会(平林氏をかこむ、Dr,アーデル送別会)
 時間:午後1時〜5時  場所:西永福「グランメール」



★★★★★★★★★★★★★★★★★★
1999年7月〜9月:主要なスケジュール 

<第42回>TOAFAEC定例研究会:
7月16日(金)18:30〜   ばしょ 高井戸区民センター和室
なかみ:今後のTOAFAEC活動について (1)「東アジア社会教育研究」第4号編集の状況
     (2)訪沖・訪台などについて  (3)上海・広州(来日)訪問団の予定について ほか
●7月19〜20日 和光大学・小林プロゼミ・合宿
 (山梨県南都留郡忍野村内野192「和光大学セミナーハウス」)
●7月22〜30日 『東アジア社会教育研究』第4号・最終編集作業
●7月22〜28日 沖縄・与那国島調査
●7月30日 日中教育研究交流会議(早稲田大学教育学部16号館)
  10:30〜 定期総会
  13:30〜 研究大会「中国の近現代化と教育ー蔡元培の今日的意義」
  17:00〜 懇親会
●7月31日14:00〜 東京・社会教育あゆみ研究会(第2回)
 報告:「社会教育主事制度確立への歩み」
 会場:恵比寿社会教育館

●8月6日(金)18:30〜『東アジア社会教育研究』第4号・最終編集会議
 会場:西新宿・岩沼郷(北京家庭料理)
●8月7〜14日 九州(福岡、他)
 連絡先:福岡市城南区東油山3−26−29(小林)
 電話・FAX 092-801-0765
●8月20日(月)13:00〜 和光プロゼミ:沖縄(訪問)事前学習会(2)
 和光大学・学科資料室(G棟3階奥)
●8月20日:第43回TOAFAEC定例研究会→例年のように全国集会で(次項)
 報告者:沖縄からの参加者を迎えて
 会場:石和町「慶山」
●8月28〜30日 第39回社会教育研究全国集会
 山梨県石和町石和観光温泉ホテル「慶山」
 第1日(28日)19:00〜この指とまれ「沖縄を語る」(第43回TOAFAEC定例研究会)

●9月9日(木)13:20〜 和光プロゼミ:沖縄(訪問)事前学習会(3)小林研究室
●9月10〜12日 日本社会教育学会第46回研究大会(早稲田大学)
 →『東アジア社会教育研究』第4号刊行
 9月12〜13日 大都市社会教育研究と交流の集い(東京・青山会館)
●9月11日(土)TOAFAEC交流会(日本社会教育学会研究大会第2日懇親会終了後)
 開始時間:20:00前後より(早稲田大学より移動)
 会場:北京家庭料理「岩沼郷」
  (新宿西口・青梅街道、大ガード近くの歩道橋を渡ってすぐ、JRより徒歩5分)
 連絡先:西新宿7−12−2大新ビルB1(張林新)、03-3371-3226
 なかみ:(1)『東アジア社会教育研究』第4号刊行お祝い、編集長・内田純一ご苦労さん会
      (2)華東師範大学・訪日団(11月10〜18日予定)スケジュールなど調整
      (3)韓国・魯在化氏(学会発表のため来日予定)歓迎会、など
●9月17日(金)16:30〜 第44回TOAFAEC定例研究会
 (1)九・一八を考える、松花江上を歌う
  ゲスト:陸留弟氏(華東師範大学、明治大学客員教授)、鳥塚義和氏(千葉県立小金高校教諭)
     中国留学生ほか
 (2)『東アジア社会教育研究』第4号刊行・報告会
 会場:高井戸区民センター(井の頭線「高井戸」下車3分
 (終了後)駅ガード下・グルマン亭で交流会
●9月22〜28日 沖縄旅行(和光大学・小林プロゼミ)→台風18号襲来のため10月へ延期
   22日(水)那覇・沖縄県青年会館・宿泊(3泊)
   23日(木)南部戦跡へ
   24日(金)糸満・具志頭の豊年祭へ
   25日(土)佐喜真美術館、読谷村、名護・山田荘・宿泊(2泊)
   26日(日)やんばるめぐり
   27日(月)中部から那覇へ
   28日(火)那覇周辺、午後は東京へ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
1999年10月〜12月の主要スケジュール
 
 
●10月15日(金)18:30〜20:30:第45回TOAFAEC定例研究会
 テーマ:『東アジア社会教育研究』第4号を読む、第4号編集の特徴(内田純一)
 とくに韓国「文解」教育運動について(江頭晃子レポート)
 今後の識字研究について(遠藤輝喜)
 会場:高井戸区民センター(井の頭線「高井戸」駅下車5分)
 終了後:交流会(駅ガード下・グルマン亭)
●10月16日(土)14:00〜17:30:和光大学(人間発達学科)公開シンポジウム(第2回)
 テーマ:地域と大学の出会い
 報告者:大学を開くことの意味ーその歴史と思想 田中征男(和光大学教授)→小林に交代
 地域からの報告:
<町田>こども劇場(滝和子)、親と教師の語る会(北川もと)、子どもの「ひろば」(岡本恵子)
<川崎>地域教育会議(生駒みお)、子どもの権利条例運動(松崎玲子)、おやじの会(大下勝巳)
司会:小林文人(和光大学教授)
会場:和光大学J棟301教室 終了後:交流会(生協食堂)
●10月20〜26日:沖縄旅行(和光大学・小林プロゼミ14名)
20日(水)那覇・首里(宿泊・照美荘、3泊)
21日(木)南部戦跡へ、19:00〜おきなわ研究会と交流会、於那覇市松尾「ふじみ」
22日(金)南部・中部(オプション・コース)
23日(土)佐喜真美術館、読谷村、名護へ、夜は名護交流会、於名護市博物館(宿泊・山田荘、2泊)
24日(日)やんばるめぐり
25日(月)中部から那覇へ
26日(火)那覇周辺、午後は東京へ
●10月28日15:00〜和光・卒業論文中間発表会、終了後コンパ
21:00〜アーデル・アミン(エジプト)


●11月5日(金)18:30〜 与那国町・宮良保全・純一郎氏歓迎会
日本教育会館ロビー(神田一ツ橋)集合、三省堂地下ドイツレストランへ移動
●11月8日〜11月17日:中国・広州市放送大学訪日団(学長ほか5名、李偉成)来日
下記の訪問地で学習センターなど関連施設の訪問・見学
8日(月) 福岡着、宿泊は「デユークス中州」 092-283-2800
9日(火) 福岡めぐり
10日(水) 11:10福岡発、沖縄へ。 車で南部まわり、宿泊は「スポーツロッジ糸満」 098-995-1126
11日(木) 沖縄めぐり
  *この日夜、沖縄関係者による歓迎会
12日(金) 14:20沖縄発、大阪へ。宿泊は「東横イン」06-6305-1045
13日(土) 京都観光、夜・新幹線で東京へ
14日(日) 横浜、東京を歩く。宿泊は蒲田
15日(月) 午前・都庁と東大、14:00〜放送大學(幕張)、夜は歓迎会
  18:30〜TOAFAEC 歓迎会、上野・風月堂3階 3831-3108
  銀座線・上野広小路、JR御徒町、下車、松阪屋デパートの真正面
  会費5,000円、席は「廣州市訪日団歓迎会」、参加歓迎
  ご希望の方は山口真理子(IZK07252@niftyserve.or.jp)まで
16日(火) 早朝、北海道へ、雪を見たいとのこと
17日(水) 北海道・札幌周辺か
  18日(木) 千歳より羽田へ、夜の便で成田より帰国、まず香港へ
●11月10日(水)〜11月18日(木):上海・華東師範大学訪日団メンバーとスケジュール
訪問団メンバー:王建磐(学長)、羅国振(学長補佐)、孫建明(継続教育学院々長)
スケジュール:11月10日(水)来日(成田)
11月11日(木)アジア・シンポジウム(明治大学)
11月12日(金)8:45〜千代田区千鳥ヶ淵「フエヤーモンドホテル」ロビー集合
  東京都など表敬訪問、江戸・東京博物館など見学、国際文化会館(華東師範大学・在日校友の集い)
  18:30〜20:30:TOAFAEC主催・歓迎会(予定)は(13日の日程と入れかえ)中止
11月13日(土)早稲田大学訪問、在日(華東師範大学)校友の集い →12日夕へ繰り上げ
  18:30〜20:30:TOAFAECとしての歓迎会夕食会「今半」(新宿ルミネ1・7階)
11月14日(日)関西(京都)、神戸へ
11月15日(月)神戸大学表敬訪問、講演会
11月16日(火)九州へ
11月17日(水)九州大学表敬訪問、講演会
11月18日(木)福岡より上海へ、帰国予定 →その後、帰国を1日延期、九州共立大学を訪問、19日帰国
●11月19日(金)18:30〜 第46回TOAFAEC定例研究会
内容:和光大学(1年)プロゼミ沖縄訪問の報告
会場:高井戸区民センター(井の頭線「高井戸」駅下車5分)
終了後:交流会(駅ガード下・グルマン亭)
●11月25日(金)18:30〜20:30:海瀬頭豊コンサート
会場:メルパルク東京(芝公園)
●11月30日(火)19:00〜日中合作映画「チンパオ(陳宝的故事)」上映会
会場:杉並公会堂、前売券1.200円

●12月10日18:30〜20:30:佐藤鐐二氏(国土社)を囲む
会場:市ヶ谷・私学会館
和光・松本塾(昨年の「和光移動大学・松本98」をうけて)
日時:12月11日(土)14:00〜12日(日)12:00
テーマ:地域と福祉を考えるー福祉最前線をいく
ゲスト:辻 浩(日本社会事業大学助教授、和光大学講師)
登壇者:松本からの実践報告、白戸洋(松商学園短期大学講師)
第2日:フィールドワーク(12:00終了)
●12月17日(金)18:30〜 第47回TOAFAEC定例研究会
テーマ:この1年を振り返る(総括)、来年度計画、東アジア社会教育研究第5号編集会議
ゲスト:関口和幸氏(海勢頭豊コンサート実行委員会)、もと研究会メンバー、留学生等にもよびかける
会場:高井戸区民センター(井の頭線「高井戸」下車3分)
(終了後)駅ガード下・グルマン亭で忘年会


2000年1月〜スケジュール→■


                   TOP