新・東アジア国際交流(2017年以降~)の記録 



<経過-関連サイト>
1,1990年~2000年以降の研究交流、中国→■、韓国→■、台湾→■
2,2009年以降~東アジア国際交流委員会の記録→■
3,三国シンポ(上海・2010)をめぐる動き→■
4,東アジア・生涯学習・法制など研究のページ→■


<目次>
2017年
1,
2017東アジア生涯教育フォーラムin佐賀(上田孝典、12月2日、南の風3890号)
2,基礎教育保障学会・日韓交流(添田祥史、12月1日、南の風3890号)

3,






1,2017東アジア生涯教育フォーラムin佐賀
    上田孝典(筑波大学、Tue,2 Dec 2017 18:33)南の風3890号
 小林先生が東アジア地域の研究交流のネットワークをつなげていただいた集まりですが、昨年の上海での再開を契機に本年は日本で予定通り開催できることになりました。日本公民館学会の開催校であ佐賀大学、会長の上野先生を中心に、佐賀で開催する準備をしてきましたが、形式的で大きな会議にはせず、顔を突き合わせた議論ができるような小さな集まりにする予定です。
 中国からは韓民先生、呉遵民先生をはじめ、黄健先生、馬麗華先生、王国輝先生など、9名がご参加されます。韓国からは梁炳賛先生、崔一先先生、沈漢植先生、李揆仙先生の4名、台湾からも台湾師範大学の先生方3名が参加されます。
 日本側では、いつものメンバーに加えご多忙な学長職の合間を縫って末本先生が参加されることになりました。また岡先生が九大の院生と参加されます。小さな集まりとはいえ総勢30名ほどになりそうです。
 日程は12月11日~13日、主なスケジュールは、東アジア生涯学習法制に関するフォーラム開催及び佐賀市内の公民館視察、福岡県柳川市、大木町のまちづくり実践の視察です。
 来年以降は小林先生にもご参加いただき、今後につながるフォーラムにしたいと思います。


2,基礎教育保障学会・日韓交流
    添田祥史(福岡大学、Wed, 29 Nov 2017 11:52) 南の風3890号
 文人先生に結んでいただいた社会教育・生涯学習の日韓交流の輪が、基礎教育の領域でも拡がりをみせています。
 基礎教育保障学会と韓国の全国文解・基礎教育協議会が中心となって、トヨタ財団の国際助成プロジェクトに応募し、採択されました。これから2年間、基礎教育に関する実践知の相互交流がはじまります。
 その第一弾が今週末に開催される全国夜間中学校研究大会にあわせて、開催されます。韓国からは8名の文解教育関係者が来日されます。3大文解教育団体の長にご参加いただけることになりました。
・キム・インスクさん (全国文解基礎教育協議会代表)
・ムン・ジョンソクさん(青い人々代表、前全国文解基礎教育協議会会長)
・チェ・ジョンボクさん(古康総合社会福祉館館長)
・アン・ジンヒョンさん(サムソン実業学校校長)
・パク・ヨンドさん  (全国夜学協議会会長)
・ジョン・ウンギョンさん(韓国文解教育協会会長)
・チョン・ソンホさん (全国夜学協議会教育研究院院長)
・キム・ソヨンさん  (全国文解基礎教育協議会事務局幹事)
 今回は3日間の行程で、全国夜間中学校研究会参加と学校見学、教育機会確保法に関する学びあい学習会(関本保孝さん、庄司匠さん)昼食会2回、懇親会、日韓合同プロジェクト会議という内容です。
 来年秋の文解教育月間には、日本側が韓国を訪問します。文人先生も、その時にはぜひご同行いただけますと心強いです。今後ともよろしくお願いします。


3,