2019年・TOAFAEC, ぶんじん記録 TOP                                               


1、TOAFAEC活動・2019年記録 
  (■総覧(〜2018)  http://www.bunjin-k.net/toafaec.htm)

 定例研究会(258回〜 回)、韓国生涯学習研究フォーラム(85回〜 回)、沖縄やんばる対談(第12回)、南の風発行(4016号〜 号)、
 総会開催(6月1日、東京大学)→総会記録■、運営体制に大きな異動なし。年報『東アジア社会教育研究』(第24号→■目次、編集長・李正連)発行→編集委員会記録→■  
年報発行・維持会員(36+1団体)






2、TOAFAEC 年報「維持会員」制度について、お願い・お誘い
         
山口 真理子(TOAFAEC 事務局長、南の風4057号、6月18日)
 前号「南の風」4056(6/10発行)に、TOAFAEC 総会のご報告を掲載させていただきました。あらためて皆様のご支援、ご協力、総会への参加について御礼申しあげます。いくつかお尋ねもありますので、今回は「維持会費」制度について、経過などをご説明し、ご協力のお願いを申しあげます。すでに維持会員になっていらっしゃる方々には、既に「会費納入のお願い」(上野景三代表名)を別便で差し上げているところですが、会員以外の方にも、この機会をかりてご説明し、ご理解ご協力を賜れば幸いです。
 TOAFAEC(東京・沖縄・東アジア社会教育研究会)は、会の創設(1995年)翌年から毎年、研究年報『東アジア社会教育研究』を発行してきました。東アジア・沖縄を含む社会教育・生涯学習等に関する独自の編集方針による年報の発行、今年で第24号を数え、四半世紀にちかい蓄積が海をこえて静かな注目を集めてきました。発行努力をこれまで蓄積してきたことには、同時に発行に必要な経費をどう確保していくかの課題にも取り組んでいく必要がありました。初期の段階では個人・有志による個別の努力に頼ってきましたが、号数の定着とともに、会として可能な範囲での集団的な発行体制が模索され、2003年度より「維持会員」制度への規約改正を行い、心ある方々に維持会員として参加・支援いただいて今日に至っています。
 維持会員は本年度6月1日(総会)現在、個人会員34名、団体会員1団体です。年報の発行には、ページ数等によって毎号異なりますが、約50万円かかります。当初は、少数の維持会員のため、お一人の維持会費・負担が一律2万円でしたが、2015年度より、1口1万円の維持会員費をお願いしています。しかしまだ一部の古いメンバーには以前からの2万円(2口)拠出をお願いすることで、必要な50万円を確保できております。維持会員が50人となれば、皆さん全員1口にできます。
 1万円というのも、他の会の会費に比べて決して安い金額ではありませんが、本会・年報のの趣旨にご賛同いただける方には、ある程度継続して「維持」会員となっていただきたく、重ねてお願いいたします。まわりの方々にもお誘いくださるよう、お願いできれば有難く存じます。これまでの年報編集烏委員会、「維持会員」経過そして各年報「目次」等の詳細につては、次のTOAFAEC ホームページに詳しく掲載していますので、ご覧ください。→■ http://www.bunjin-k.net/1-10kenkyu.htm
1、会の目的・年報発行の趣旨 
 規約第2条 この会は、東アジアにおける社会教育(成人教育,生涯教育,文化活動を含む)の研究調査、資料刊行、研究者・実践者の相互交流等の活動をおこない、新しい時代に向けての社会教育の発展に寄与することを目的とする。
 あわせて、編集方針(1)もご参照を→■http://www.bunjin-k.net/1-10kenkyu.htm
2、お名前と所属を研究年報に掲載します。掲載を望まれない場合は、お申し出のとおりにいたします。
3、1口5冊(2口10冊)を限度として、年報の最新号あるいはご希望のバックナンバーをお送りいたします。周りの機関・団体・市民などに年報を広めてほしいという思いからですが、どう販売されるか、寄贈されるかは、もちろんご自由です。
4、維持会員には各年報の編集への積極的な参加、各テーマにかかわる投稿、執筆を歓迎します。 
*お問い合わせ等は、年報編集委員会、あるいはTOAFAEC事務局・山口真理子までお寄せください。
Email:IZK07252@nifty.com <mailto:IZK07252@nifty.com>  





3、定例研究会 
→■経過 http://www.bunjin-k.net/kenkyukai2016.htm)
・1月(第258回)「じんぶんヒストリーU」−少年Bから青年Bへ 小林文人
・2月(第259回) 東アジアの社会教育・生涯学習の動向、年報24号編集会議(第1回)
・3月(第260回)社会教育法を考える・東アジアの動きから学ぶ 小田切督剛・小林文人
・4月(第261回)
地域づくりと教育を中心に、姜乃栄さん(地域ハシリテーター)に聞く
・5月(第262回)台湾・生涯学習の最近の動向  山口香苗さん
・6月(第263回)沖縄・辺野古についての報告 熊本博之さん・小林文人
・7月(第264回)ぶんじんヒストリーV 小林文人・上野景三
・9月(第265回)
・10月(第266回)
・11月(第267回)
・12月(第268回)




4、






5、訃報・追悼追悼U→■
46、北田耕也さんの急逝を悲しむ(20190316) 南の風40 (2018年 月  日)


















6、小林ぶんじん:論文・エッセイ等■業績一覧 1950年代〜1995年以降〜)
  http://www.bunjin-k.net/gyouseki03.htm
 <2019年>
・社会教育法七〇年  「月刊社会教育」六月号(巻頭・かがり火)→■












                        トップページ